体の冷えと肥満の関係

低体温と肥満の関係

今の生活をしていると、体を冷やす要因がいっぱいあります。

 

低体温になっている人がほとんどなんですね。

 

その結果、肥満の増加、メタボの増加になって、いろいろな生活習慣病を引き起こしています。

 

漢方では、

 

色白で汗をかく膝関節が痛みやすい水太りタイプ

 

便秘がちで太鼓腹の堅太りタイプ

 

に分けれらます。

 

西洋では、洋ナシ型肥満とリンゴ型肥満に分けられます。

 

体に余分な水分があると低体温となって、脂肪が燃えにくくなります。

 

しかも体温が低いと、体に水分がたまりやすく、脂肪も燃えにくくなるという悪循環が生じます。

 

洋ナシ型とも言われますが、下半身太りになりやすいです。

 

お尻や太ももなどの下半身がが太くなりますし、顔の下が太りやすく二重アゴになったりします。

 

体の60%は水分ですが、水太りタイプはさらに水分が余分になっているので、それが下のほうに溜ってしまうんですね。

 

ビニール袋に水を入れていくと、下がふくらむのと同じですね。

 

女性に多いですが、尿をたくさん出して体を温めることで徐々に解消していきます。

 

水分と冷えが肥満の原因ですから、それを取り除かないといけません。

 

 

 

堅太りタイプは中高年男性に多い肥満です。

 

筋肉が多そうに見えますが、腹筋が少なくなるので内臓周りの脂肪を増やしています。

 

内臓脂肪が多くて太鼓腹になっているので、典型的なメタボ腹です。

 

血圧が高い人が多くて、冷えとは関係がなさそうですが、体の上野方に熱が偏っていることが多いです。

 

その分、お腹など体の中心や下半身は冷えていることが多いです。

 

体温が低いと血管が収縮して、血行が悪くなって血圧が上がります。

 

だからどちらの肥満も低体温で代謝が滞って、余分な脂肪が溜ったということは同じなんですね。

 

便秘解消をするために、そして尿や汗を出すための治療をします。

 

結局肥満解消をするために、体を温めて余分な水分を体から出すことが必要になります。

低体温が病気を招く

体が冷えることで肥満につながりますが、肥満だけでなくいろいろな病気も引き起こします。

 

低体温で代謝が衰えて、血液中の余分な脂肪や糖分、そのほかの代謝産物が十分に燃焼できなかったり、排出できないと、脂質異常症や高血糖、高尿酸血症を招きます。

 

体の余分な水分と冷えの悪循環が、体の各部の痛みをおこしやすくなったりするようです。

 

水毒がアトピー性皮膚炎などのアレルギー、耳鳴り、めまい、頻脈、不整脈も起こります。

 

冷えて血行が悪くなると、肩コリや手足のしびれなどが起こります。

 

流れが悪いとゴミが貯まりやすいのと同じことですから、血液も汚れてくるのです。

 

 

 

低体温は免疫にも関係するようで、体温が1℃佐賀rと免疫力は30%以上下がったりします。

 

体温が1℃上がると、免疫細胞の活性が5〜6倍にもなりょうですから、1日に何度かはそういった状態を作ることで免疫力を高めることができます。

 

水は冷やすと氷になって固まるように、体温が続くと高まりが出来やすいです。

 

脂肪が固まりやすくなってセルライトになるのもそうですし、血液も固まりやすくなります。

 

 

 

しかも体温は精神状態とも深く関係があるようです。

 

低体温の悪影響は数えきれませんね。

 

体温を上げることはダイエットだけでなく、さまざまな効用がありますね。

シャワーだけの入浴はダメ

シャワーだけですませる入浴習慣が定着してきていますが、入浴の目的は汚れを落とすことだけではないんですよね。

 

お湯にゆっくりとつかって、体温を高めて、血流や代謝を促すことは心身に大きな効果をもたらします。

 

シャワーではこの効果は期待できません。

 

体の芯から温まる入浴をしない日が続くと、体温のレベルの差は大きくなります。

 

体温を上げることが体調を整えて免疫力を高めるわけですから、体温を上げやすい入浴は有効に活用したいですね。

 

冷房の普及の悪影響

高温多湿の日本では、夏に基礎代謝を下げて体熱産生を抑制して、血管を拡張して熱を発散できるようになっているのです。

 

冷蔵のない時代には大事な機能だったのですが、これだけ冷房が普及してしまうと、この機能が必要なくなってしまいます。

 

自宅だけでなく、電車やバスなどの移動でも冷房が効いていますし、どのビルに入っても冷房が効いています。

 

そんな状態なのに、体を冷やす陰性食品をとり続けると低体温を引き起こしてしまうのです。

 

冬よりも夏のほうが、冷えによるこりや痛みを訴える人が多くなってきているようで、その冷えが一年中引きずったりしています。

 

その結果肥満をおこしてしまうんですね。

 

冷房を入れることで過ごしやすい環境になっているのですが、その時の過ごしやすさが体に悪影響を与えているのですね。

バストアップにつながる運動を続ける

バストアップにつながる運動を続けることで、大きく胸を育てるのに役立つでしょう。よく知られた巨乳のグラビアアイドルが胸を大きくするエクササイズを紹介していることもあります。様々なエクササイズがありますから、バスト周りの筋肉を強化するようにしてください。続ける根気よさがとても重要です。胸にコンプレックスを抱いておられる方、湯船につかる習慣をつけてみませんか?お風呂につかることで血液の流れがよくなるため、胸に栄養を届けることができます。さらにこの状態でバストアップマッサージをすることで普段よりもさらに効率よくバストアップを狙えます。忙しくてそんな時間ない!という時は、シャワーを使うことでバスト周辺のマッサージしてみるだけでも効果を得ることができるはずです。胸を大きくしたいとお考えなら、筋トレという手段もオススメです。筋トレで鍛えた筋肉がバストを支えてくれるので、バストアップへの近道になります。ただし筋トレだけを続けたとしても即バストアップとはいきません。そこで、他の方法での取り組みも継続して行いましょう。心地良い眠りを十分に取ったり、血行を良くすることも必要です。実際に胸を大きくするサプリメントが効果的かといえば、大多数の方が胸が大きくなっています。バストアップ効果をもたらす女性ホルモンの分泌促進作用のある成分がサプリメントに詰込まれていますから、飲むと体の内側から気になるバストを育てることができるでしょう。しかしながら、女性ホルモンが過剰となり、生理周期に影響が出る可能性も事例もあるようです。サプリを摂取する量だけでなくタイミングも注意して利用しましょう。バストアップの方法は様々ですが、ちょっとずつ地道に続ける方法がお金を無駄遣いせず、体へ負担をかけずに済みます。でも、一刻も早く胸を大きくしたいのならば、いわゆるプチ整形を行うという選択もあるでしょう。お金をかけることになりますが、バストアップを確実に成功させることができるでしょう。また、胸を大きくするためのサプリを服用するのも良いと思います。バストアップに有効といわれるツボを、刺激するのもいいのではないでしょうか。だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボが胸を豊かにするのに効果的なツボとして有名なものです。このようなツボを刺激すると、血行が良くなったり、女性ホルモンの分泌が活発になったり、乳腺に対して良い効果があると考えられていますが、効くのにある程度時間がかかります。胸のサイズを上げるためには、豊胸エステという選択もあります。エステでバストへのケアを行えばこれまで以上に形の良い、きれいなバストを手に入れることができます。一度や、二度で終わらせず、続けて行くことでサイズが大きくなることもあります。けれども、お金もたくさん必要ですし、当然、整形とは違っていて、努力と保つための意識が必要で、胸が元に戻ってしまうでしょう。小さな胸がコンプレックスでも、遺伝の問題だからどうにもならないと考える女性もたくさんいることでしょう。ですが、バストのサイズは遺伝以上に生活環境による影響が強いと考えられています。もし整形なんて考えているなら早まらないで、普段の生活を見直してみませんか?実はバストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が小さいのかもしれません。効果的なバストアップには腕回しをするのがいいといわれています。それ以外の運動でもバストアップ効果がありますが、そのエクササイズは面倒になってしまうとなかなか続けられませんが、気軽に実践できる腕回しならできるのではないでしょうか。肩こりにも腕回しは効果的で血行促進にもなりますし、筋肉トレーニングにもなるのではないでしょうか。当然、バストアップにもつながります。バストを大きくするのには日々の習慣が大きく関係しています。胸が小さめの人は知らないあいだに、胸の成長をストップさせてしまうような生活が定着してしまっているのです。バストアップするためには、生活習慣の改善が大切です。いくらバストを成長させようと頑張っても、日々の行いが邪魔をして効果を示さないこともあります。

バストアップのやり方

バストアップのやり方にも多々ありますが、地道にコツコツがんばるやり方が最もお金をかけることなく、体への心配もありません。しかし、どうしてもすぐにバストアップしたいなら、いわゆるプチ整形を行うという選択もあるでしょう。費用は高いですが、絶対に胸は大きくなります。また、胸を大きくするためのサプリを服用するのも良いと思います。バストアップしたい!と思ったら、湯船につかる習慣をつけてみませんか?お風呂に入れば血行をよくすることができるので、胸に栄養が届きやすい状態にすることができます。血の巡りがよくなった状態の時にバストアップマッサージをすることでより一層、効率よくバストアップすることができるでしょう。お風呂に入る時間なんてない!という時は、シャワーを使ってバストの辺りをマッサージすることで、時短を狙うこともできます。胸を豊かにする効果があるといわれるツボを、刺激するのもいいのではないでしょうか。だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボがバストアップに効くツボであると広く知られています。このようなツボの刺激により、血の巡りが良くなったり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺を発達させるのに有効であると考えられるのですが、効くのにある程度時間がかかります。サプリを使用してバストアップするという方法が効果的かというと、たくさんの方が効果を実感しています。胸を大きくすることにつながる女性ホルモンの分泌を促す成分が凝縮されたサプリなので、これを飲むことで体内から気になるバストを育てることができるでしょう。ただし、女性ホルモンが増えすぎて規則正しかったはずの生理周期が乱れてしまう場合もあるという事例も見受けられます。用量用法を守って細心の注意を払って使用してください。豊かな胸を手に入れるためには、筋肉を鍛えるというのも効果があります。筋トレをすればバストを支える筋肉が鍛えられて、バストアップにも繋がりやすくなります。とはいえ筋肉だけつけてもすぐに胸が大きくなるわけではないので、並行して違う方法を行うことも続けなければなりません。心地良い眠りを十分に取ったり、マッサージをするのも効果的です。バストアップに良い食品には、有名なところで豆乳があります。豆乳の成分として含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン的な働きをするらしいです。近頃は、豆臭くなくて飲みやすい豆乳が増えていますから、豆乳を積極的に食生活に取り入れるのもいいですね。ですが、身体に不必要なほど摂取しすぎるのはNGです。バストアップの方法を考えると、意外かもしれませんが、エステも効果的です。エステで胸へのケアを行うと形を整え、美しく、バストアップをすることができるでしょう。一度や、二度で終わらせず、続けて行くことで胸が大きくなり、サイズがアップすることもあります。けれど、お金が必要ですし、当然、整形とは違っていて、自宅でも継続したケアをしないと、せっかくきれいになったバストが元通りになってしまいます。もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の問題だからどうにもならないと考える女性も多くいることでしょう。ですが、バストのサイズは遺伝というよりむしろ生活環境による影響が強いだろうというのが専門家の意見です。ですから、整形に頼る前に、普段の生活を見直してみましょう。バストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が大きくならないのかもしれないのです。近年においては、バストアップを達成できないのは、遺伝の関係というよりも日々の生活が似ているのが原因というのが主流となってきています。不適切な食生活や運動不足、睡眠の減少などが、バストアップを邪魔している可能性があります。家族の間でもバストのサイズが違うことは、よくみられますから、まだまだこれから成長していけます。バストアップのためには日々の積み重ねがすごく関連しています。胸の小さい女性は気づかないうちに、バストアップを妨げるような毎日の行いが板についてしまっているのです。バストを大きくさせるには、日々の行いを見直してみることが重要です。どれだけ胸を大きくしようと試みても、生活の習慣があだとなって効果を示さないこともあります。